Azure 移行の詳細ガイド [ステップバイステップ] | ModLogix (2023)

オンプレミスのデータベース、VMware、他のクラウド サービス (アマゾン ウェブ サービス (AWS) や Google Cloud など) でホストされているアプリケーションを Azure に移行することは、重要な作業です。しかし、多くの企業は、潜在的な落とし穴をすべて認識せずに移行を行っています。

企業がクラウドのメリットを享受するには戦略を持つことが重要であることは理解していますが、戦略なしでの移行はコストがかかり、問題が発生する可能性があります。ある人によると調査を実施しました, 回答者の 74% が、少なくとも 1 つのアプリをクラウドからインフラストラクチャに戻しました。この決定の主な要因には、パフォーマンスとセキュリティの低下 (52%)、クラウド導入の一時的な性質 (40%)、および規制の問題 (21%) が含まれます。

Azure アプリケーションの構築とデプロイが初めての場合は、私たちがお手伝いします。私たちは、移行を成功させる手順を説明するために、この Azure 移行ステップ バイ ステップ ガイドを作成しました。

とはAzureの移行?

Azure への移行は、オンプレミスまたはクラウドのワークロードを他のクラウド プロバイダーから Azure に移行するプロセスです。通常、この移行の背後にある目標は、俊敏性、セキュリティ、およびスケーラビリティを向上させながら、コストと複雑さを軽減することです。の場合もありますマルチクラウドテクノロジーこれは、特定のビジネス ワークロードを満たすために、パブリック クラウド、プライベート クラウド、ハイブリッド クラウド、またはクラウドの組み合わせで構成されます。

Azure への移行には次のような追加の利点があります。

  • サーバーレス コンピューティング、コンテナー サポート、人工知能サービスなど、Azure の独自の機能を活用します。
  • Azure は、移行プロセスの簡素化に役立つ組み込みの移行ツールとサービスの包括的なセットを提供します。

5つの理由に移行するアズールあなたとしてプライマリクラウドプロバイダー

サーバーを Azure に移行する主な理由を簡単に説明します。

  • コスト削減
  • スケーラビリティ
  • セキュリティとコンプライアンスの強化
  • パフォーマンスを向上させた
  • 世界中のどこからでもアクセス可能。

1. コスト削減

クラウドへの移行は、最初は費用がかかる場合があります。しかし、時間が経つにつれて、企業は独自の物理サーバーを管理する必要がなくなり、コストを節約できます。オンプレミス サーバーのランニング コストは数千ドルかかります (1000 ドルからかかる場合もあります)。

このコストは次のように分類できます。

  • ハードウェアのコスト – 1000 ドルから 4000 ドル
  • ソフトウェア費用 – Windows サーバーの場合、500 ドルから 4,000 ドル
  • 開発費と保守費 – SQL Server の場合 200 ドルから 900 ドル
  • カスタマー サポート – 1 時間あたり 10 ~ 20 ドル、月額 1000 ドル相当のリテイナー

Microsoft Azure はコスト効率に優れたサービスを提供します使った分だけモデル。企業は、必要なときに必要なリソースに対して料金を支払うことができます。さらに、事前に追加のサーバー ハードウェアを購入する必要はありません。

2. セキュリティとコンプライアンスの強化

Azure を使用すると、会社の機密データは次のようないくつかの保護層によって安全に保たれます。

  • 高度な 256 ビット AES 暗号化。
  • Azure 多要素認証 (MFA)。
  • Azureファイアウォール。
  • アイデンティティ管理システム。

これらのシステムは、潜在的なマルウェアや不正アクセスから顧客データを安全に保ちます。 Azure は、医療、金融、銀行などの規制の厳しい業界の企業向けのコンプライアンス認定も満たしています。

3. 簡単な統合と拡張性

Microsoft Azure を使用すると、既存のアプリケーションやサービスと簡単に統合できるため、企業は中断やダウンタイムを発生させることなくワークロードを迅速に移行できます。また、時間の経過とともにビジネスが成長するにつれて、Azure もスケールアップします。

そうすれば、リソース需要の急増による処理能力の枯渇を心配する必要がなくなります。

4. パフォーマンスと信頼性の向上

すべてが組織が所有するオンプレミスのハードウェアではなく、Microsoft がホストするリモート サーバーで実行されるため、お客様側で必要なメンテナンスが少なくなります。

Azure に移行すると、ワークロードとサービスが顧客の近くに移動するため、待ち時間が短縮されます。 Azure のより大きなストレージ容量と組み合わせることで、既存のアプリケーションはより高速なソリューションを顧客に提供できます。

5. どこからでもアクセス可能

Microsoft Azure のクラウド アプリケーションには、世界中のほぼどこからでもいつでもアクセスできます。これにより、リモート チームにとって仮想コラボレーションがこれまでより簡単になります。

グローバルなアクセシビリティにより、効率的な運用が促進されます。ビジネスは、物理サーバーの場所や地理的境界に縛られなくなりました。

何をするか検討移行中アズールクラウド?

Azure 環境へのリフト アンド シフト移行を成功させるには、事前に慎重な計画を立てる必要があります。これは、ライセンスおよび使用料、セキュリティ コンプライアンス要件、拡張性の制限、およびメンテナンス/サポート オプションに関連する潜在的なコストを考慮することで実現できます。

目標を決める

Azure への移行を成功させるには、プロジェクトの目標を定義することから始まります。

ワークロードをクラウドに移行することで何を達成したいですか?コスト削減またはパフォーマンスの向上をお探しですか?スケーラビリティや柔軟性が必要ですか?場合によっては、クラウドへの移行が必要なものに対する答えではなく、価値がない場合もあります。コミットする前に、移行の長所と短所を比較検討してください。

いずれの場合も、クラウド移行の目標は会社の全体的な目標と一致している必要があります。

費用とライセンス

クラウド移行に関連するコストは、ビジネス ニーズによって大きく異なります。特定のソフトウェアをクラウドでホストするためのライセンス要件を検討することを検討してください。ありがたいことに、Microsoft は詳細な情報を提供しています。価格ガイドAzure 移行ツールのライセンスのすべてのコストとライセンス。

サポートとメンテナンス

Microsoft は、Azure サービスに対して 24 時間年中無休のサポートを提供します。それでも、新しいプラットフォームに移行する企業にとって、デューデリジェンスを行い、次の点を理解することが重要です。規約と条件移行前。また、ダウンタイム (カットオーバー)、つまりサービスが利用できなくなる時間についても考慮してください。データ損失のリスクを最小限に抑えるためにバックアップが必要です。

Microsoft パートナーまたはサードパーティが提供するサポート オプションを調査するクラウド移行エンジニアリング サービスクラウド移行の支援を提供することに特化したサービスです。移行中または移行後に問題が発生した場合、信頼できるサポート連絡先が事前に確立されています。

アズール移住:ストラテジー評価、 と企画

Azure 移行ガイドをさらに詳しく進めていくと、移行を成功させるには、戦略、段階的な Azure 移行評価、計画という 3 つのアクティビティに絞り込む必要があることを指摘することが重要です。

Azure 移行の詳細ガイド [ステップバイステップ] | ModLogix (1)

ストラテジー

よく考えられた戦略は、移行プロセスのあらゆる側面をカバーします。戦略では、次の点を考慮してください。

  • バジェット
  • 利用可能な人材 (社内または社外の IT 開発チーム内)
  • Azure リソース (Azure Virtual Machines、Azure Virtual Network リソース、ネットワーク セキュリティ グループ、データベースなど) の可用性

次に、プロセス全体を通じて現実的なマイルストーンを考慮したタイムラインを作成します。

評価

あなたのアプリケーションはクラウド環境に適していますか?移行は組織に利益をもたらしますか?いずれにせよ、移行前にすべての関係者と連絡を取り、全員が同じ認識を共有できるようにする必要があります。

評価には以下を含める必要があります。

  • 現在のインフラストラクチャとアプリケーションの分析。
  • 移行中に発生する可能性のある潜在的な課題や問題。
  • 現在のアプリケーションは Azure と互換性がない可能性があります。
  • クラウド環境で適切に機能するために変更が必要な可能性があるアプリケーション。

Microsoft の仮想マシン準備評価ツール現在のインフラストラクチャを評価します。移動できるワークロードと、移行中に発生する可能性のある問題に関するレポートが生成されます。

より堅牢なソリューションについては、フルスケールのソリューションをお勧めします。レガシー ソフトウェアと評価サービスここでは、移行前にレガシー アプリケーション、そのセキュリティ、およびパフォーマンスのステータスを理解することを目的としています。

Azure の移行計画

このフェーズでは、次のことを行う必要があります。

  • 重要性、ビジネスの優先順位、複雑さに基づいて、複数のツールやアプリケーションのうちどれを最初に移行する必要があるかを決定します。
  • プロセス全体のロードマップを作成します。
  • 移行中に問題が発生した場合に備えて、データ ストレージのオプションとバックアップ戦略を検討してください。

関係者全員がプロセスにおける自分たちの役割を理解できるように、利害関係者と明確な期待を設定することも重要です。

6 Azureの移行ステップあなたでなければなりませんわかっている

ModLogix では、いつものように、Azure 移行の段階的なプロセスは、慎重な計画と細部への注意から始まります。

Azure 移行の詳細ガイド [ステップバイステップ] | ModLogix (2)

それを念頭に置いて、Azure への 6 つの主要な移行手順を見てみましょう。

ステップ 1: 計画を立てる

Azure 移行プロジェクトに着手する前に、現在のインフラストラクチャを評価して移行への適合性を判断することが重要です。次に、移行をビジネスの目標、目的、ビジネス プロセスに合わせて行う必要があります。

たとえば、拡張性の向上を求めていますか?それともパフォーマンスの向上を求めていますか?

希望する結果が特定されたら、次のステップに進みます。

ステップ 2: リソースを特定する

ここでのリソースとは、移行プロセスを成功させるために必要な時間と物的リソースを指します。何を評価するか:

  • 追加のハードウェアをオンプレミス データ センターに追加するかどうか。
  • 利用可能なバックアップと災害復旧。
  • データのセキュリティ対策。

これらの質問に対する答えを事前に見つけておくと、クラウド移行戦略を成功させるために十分な時間と情報が得られます。

ステップ 3: 既存のインフラストラクチャを評価する

Azure 移行チェックリストを実行するための 3 番目のステップは、既存のインフラストラクチャの状態を確認することです。

  • 現在どのようなテクノロジーが使用されていますか?
  • Azure に移行する前に対処する必要がある潜在的な互換性の問題はありますか?

IT 環境の現在の状態を把握すると、移行前にどのような変更を行う必要があるかをより深く理解できるようになります。

ステップ 4: 移行計画を作成する

必要なリソースをすべて特定したら、実際の移行プロセスを実行するための詳細な計画を作成します。これには、タイムラインの作成、タスクの割り当て、プロセスと手順のレビューが含まれます。すべての目標は、あらゆる段階で確実に成功することです。

移行作業を開始する前に明確な計画を立てておくと、すべての手順を予定通り、予算内で確実に完了することができます。

ステップ 5: 移行中の監視とテスト

移行計画を作成した後は、実行の各段階で進捗状況を監視することが重要です。 Azure クラウド アーキテクチャで実行される新しいアプリケーションやサービスを稼働させる前に、すべてを徹底的にテストします。

これは、起動または展開前に潜在的な問題を特定し、迅速かつ効率的に解決できるようにするために非常に重要です。同時に、ダウンタイムとデータの整合性の損失を最小限に抑えることにも重点を置いています。

ステップ 6: 移行後の確認と更新

Azure への効果的な移行を実行するための最後のステップは、移行後のすべてのシステムを確認することです。時々更新が必要になります。必要に応じて、新しく移行したコードを最新のパッチで更新できます。これにより、すべてのシステムが移行後に適切に動作し、新しい環境で最適に動作できることが保証されます。

これは、Azure クラウド移行計画のテンプレートに含める最も重要な項目をまとめたものです。

さらに、Microsoft からの最新のアップデートを常に最新の状態に保つことを忘れないでください。企業は、サイバー脅威や過払いに関連するリスク要因を最小限に抑えながら、サービス レベルを最大化できます。

課題アズールの移住 企業かもしれない顔

Microsoft Azure への移行は企業に多くのメリットをもたらしますが、Azure 移行プロジェクト計画を進める前に対処しなければならない独自の課題も伴います。

既存のシステムから新しいプラットフォームに情報を転送するときは、データ セキュリティへの懸念を常に最前線に置く必要があります。さらに、関連するコストと潜在的な互換性の問題を理解することは、移行をスムーズに進めるための重要な要素です。

データセキュリティに関する懸念

Azure に移行する際の最大の課題の 1 つは、プロセス全体を通じてすべてのデータの安全性を確保することです。既存のシステムから新しいプラットフォームにデータを転送すると、脆弱性が生じる可能性があります。

Azure Active Directory は、サイバー攻撃の 99.9% に対する保護を提供します。ただし、権限のないユーザーが機密情報にアクセスできないように、アクセス制御ポリシーを実装する必要があります。

移行のコスト

プロセスを開始する前に、移行コストを見積もる— Azure サービスの使用に関連する可能性がある前払い費用と継続的な費用の両方を考慮します。

多くの企業は、データに必要なストレージ容量やアプリケーションに必要な帯域幅を見積もることが困難です。これにより、自動的に不必要なサービスに過剰な支出が発生したり、利用可能なリソースが十分に活用されなくなったりします。

互換性の問題

既存のシステムとクラウドベースの環境の間の互換性の問題に対処するのは困難な作業です。現在のシステム設定によっては、Azure が提供する機能を最大限に活用するために、アプリケーション コードの大部分を変更またはアップグレードする必要がある場合があります。

さらに、特定のソフトウェア アプリケーションは、クラウドベースの環境で適切に動作するように書き直すかリファクタリングする必要がある場合があります。これにより、プロジェクトの予算に大幅な時間とコストが追加される可能性があります。

どうやって多くのする移住アズール料金?

Azure への移行コストは、ビジネス ワークロードのサイズ、ユーザー数、現在の環境の複雑さなど、いくつかの要因によって異なります。一般に、クラウドへの移行には、ライセンス料、コンサルティング サービス、ハードウェア コスト、ソフトウェア コストなど、いくつかのコストがかかります。

Azure 移行の詳細ガイド [ステップバイステップ] | ModLogix (3)

Azure portal に価格計算ツールがあり、アクセスしたい製品の総コストを見積もることができます。これには次のようなものがあります。

  • Azure SQLデータベース
  • 仮想マシン
  • Azure関数
  • Web およびモバイル向けの App Service
  • Azure コグニティブ サービス
  • ストレージアカウント

ModLogix では、次のことをお手伝いします。Azure のコストの最適化高いトラフィック需要、地域、システム リソースに対応するアプライアンスを考慮して。

検討ModLogix、 あなたの信頼できるクラウド移住サービスプロバイダー

アプリケーション コードを古いオンプレミス データ センターから移動することは、専門家が適切に対処できる課題です。あマッキンゼーの最近の調査は、クラウド移行プロジェクトの 75% が、新型コロナウイルス感染症のパンデミックの影響で予算を超過していることを示しました。 ModLogix には、より安全で安定した新しいプラットフォームへのソフトウェアの移行に関する豊富な経験があります。

移行プロセス中に、お客様が新しいプラットフォームの整合性を確信できるように、当社のチームが既存のシステムの弱点をすべて排除します。私たちはお客様のビジネス ニーズに完全に対応し、お客様とのやりとりにおいて 100% 透明性を保ちます。

さらに、当社はベスト プラクティスに従い、お客様のソフトウェアが新しいクラウドベースのインフラストラクチャ上でシームレスに実行されることを保証します。

Microsoft の ASP.NET Web フォームを確認してください。Azure クラウド移行のケーススタディでは、有名なヘルスケア データベース レジストリが、より高速なページ応答速度とより迅速なレポート作成を備えた高品質のクラウド ソリューションを確立するのを支援しました。

結論

Azure への移行には、パフォーマンス、アクセシビリティ、スケーラビリティの向上など、多くの利点があります。Azure への移行が合理的であり、ビジネスに必要な場合、移行を成功させるために実行できる重要な 6 つの手順を概説しました。信頼できる専門家チームと一緒に今すぐプロジェクトを始めましょう。

お問い合わせ今日は、あらゆる段階で私たちがどのようにお客様をサポ​​ートできるかについて詳しく学びたいと思います。

References

Top Articles
Latest Posts
Article information

Author: Roderick King

Last Updated: 13/10/2023

Views: 5247

Rating: 4 / 5 (51 voted)

Reviews: 90% of readers found this page helpful

Author information

Name: Roderick King

Birthday: 1997-10-09

Address: 3782 Madge Knoll, East Dudley, MA 63913

Phone: +2521695290067

Job: Customer Sales Coordinator

Hobby: Gunsmithing, Embroidery, Parkour, Kitesurfing, Rock climbing, Sand art, Beekeeping

Introduction: My name is Roderick King, I am a cute, splendid, excited, perfect, gentle, funny, vivacious person who loves writing and wants to share my knowledge and understanding with you.