データベースの使用状況 - データベース別のリスト - REST API (Azure SQL データベース) (2023)

  • 400 ManagedInstanceStoppingOrStopped - インスタンスが停止/停止状態にあるときに競合する操作が送信されました

  • 400 ManagedInstanceStarting - インスタンスが開始状態にあるときに競合する操作が送信されました

  • 400 UnsupportedBackupStorageRedundancy - 指定されたバックアップ ストレージ冗長性はターゲット リージョンではサポートされていません。

  • 400 InvalidCollat​​ion - 照合順序がサーバーによって認識されません。

  • 400 ProvisioningDisabled - リソース操作承認者からのエラー メッセージを変更せずにそのまま表示します

  • 400 CannotUpdateIsLedgerDatabase - 既存のデータベースのレジャー プロパティを更新できません。

  • 400 LTRStarlingToVldbMigrationNotSupported - ハイパースケールでは長期保存がまだサポートされていないため、データベースのサービス目標をハイパースケールに変更できません。データベースの長期保存を無効にして、再試行してください。

  • 400 UnableToResolveRemoteServer - 無効なサーバー名または DNS 接続の問題により、リモート パートナー サーバー名を解決できませんでした。

  • 400 ElasticPoolOverStorageUsage - エラスティック プールのストレージ制限に達したときに、データベースにデータを書き込もうとしています。

  • 400 RemoteDatabaseCopyPermission - ユーザーには、指定されたサーバー上にデータベース コピーを作成するための十分な権限がありません。

  • 400 SourceDatabaseNotFound - ソース データベースが存在しません。

  • 400 UpdateNotAllowedInCurrentReplicationState - 現在のレプリケーション状態のデータベースでは操作が許可されていません。

  • 400 InvalidPublicMaintenanceConfiguration - ユーザーが内部 ID (不正な形式または間違ったリージョン) に変換できないパブリック メンテナンス構成を指定しようとしました。

  • 400 MaintenanceWindowNotSupportedForNamedReplica - ユーザーは、サポートされていないデフォルト以外のメンテナンス時間枠で名前付きレプリカを作成または更新しようとしました。

  • 400 GeoReplicaLimitReached - レプリカごとのレプリケーション制限に達しました。

  • 400 ReplicationSourceAndTargetMustHaveSameName - レプリケーション ソース データベースとターゲット データベースは同じ名前である必要があります。

  • 400 ReplicationSourceAndTargetMustBeInDifferentServers - レプリケーション ソース データベースとターゲット データベースは異なる論理サーバーに存在する必要があります。

  • 400 ChangeUnsupportedOnEntity - ユーザーが指定されたエンティティに対してサポートされていない作成/更新/削除操作を試行しました。

  • 400 InvalidStandbyGeoReadScale - ユーザーは、読み取りスケールをサポートしていないスタンバイ geo データベースで読み取りスケールを有効にしようとしました。

  • 400 PerDatabaseCMKKeyRotationAttemptedwhileOldThumbprintInUse - アクティブなトランザクションが古いキーで暗号化されたログを保持している場合、データベース レベルでの TDE プロテクターのキー ローテーションがブロックされます。この問題を回避する考えられる戦略については、aka.ms/azuresqldbkeyrotation を参照してください。

  • 400 TierChangeUnsupportedDueToCDCEnabledDatabase - データベースは CDC に対して有効になっているため、SKU を更新できません。

  • 400 PerDBCMKNotSupportedWithLTR - データベースで長期バックアップ保持が有効になっている場合、データベース レベルの CMK はサポートされません。

  • 400 PerDatabaseCMKCopyOrReplicationAttemptedWithoutDatabaseLevelEncryptionProtector - データベース レベルのキーで暗号化されたデータベースをコピーまたはレプリケートしようとするときは、ターゲット データベースにデータベース レベルの暗号化プロテクターを設定する必要があります。

  • 400 PerDatabaseCMKCopyOrReplicationAttemptedWithoutCurrentKeys - データベース レベルの暗号化プロテクターが構成されたデータベースをレプリケートしようとしているときに、プライマリで使用されている現在のキーをセカンダリ データベースに渡す必要があります。

  • 400 PartnerDBNotSupportedForSGXEnclave - エンクレーブ対応データベースの GeoDR リンクの設定または SLO の更新の試行は、両方のデータベースが DC シリーズ ハードウェアで実行されている場合にのみサポートされます。

  • 400 PerDatabaseCMKGeoPrimaryIsNotConfiguredWithDatabaseLevelEncryptionProtector - geo セカンダリにデータベース レベルの暗号化プロテクターを設定する前に、 geo プライマリ データベースをデータベース レベルの暗号化プロテクターで構成する必要があります。

  • 400 PerDatabaseCMKGeoPrimaryIsConfiguredWithDatabaseLevelEncryptionProtector - データベース レベルの暗号化プロテクターを使用せずに geo セカンダリにフェールオーバーする場合は、geo プライマリ データベースをデータベース レベルの暗号化プロテクターで構成しないでください。

  • 400 TierChangeUnsupportedDueToMemoryOptimizedObject - データベースにはメモリ最適化オブジェクトがあるため、SKU を更新できません。

  • 400 SourceServerNotFound - CreateDatabaseAsCopy API 呼び出しで指定されたソース データベース ID のサーバー部分が既存のサーバーにマップされません。

  • 400 InvalidDatabaseCreateMode - データベースを作成するリクエストが無効です。

  • 400 MissingAmetricKeyOnTargetServer - ターゲット サーバーは非対称キーにアクセスできません。

  • 400 MismatchingSubscriptionWithUrl - 提供されたサブスクリプションが URL のサブスクリプションと一致しませんでした。

  • 400 MultipleDroppedDatabasesWithTheSameName - サーバー上で同じ名前を持つ複数のドロップされたデータベースが見つかりました。

  • 400 AzureKeyVaultClientError - Azure Key Vault クライアントでエラーが発生しました。

  • 400 AzureKeyVaultClientInfoError - Azure Key Vault クライアントの情報を取得中にエラーが発生しました。

  • 400 InvalidAddSecondaryPermission - ユーザーには、指定されたサーバーにセカンダリを追加するための十分な権限がありません。

    (Video) Tech Briefing: Azure SQL DB と MI の違いと使い分け

  • 400 UnsupportedServiceName - 指定された名前は、サポートされていない Unicode 文字が 1 つ以上含まれているため、無効な名前です。

  • 400 CurrentDatabaseLogSizeExceedsMaxSize - ユーザーがデータベースを、現在の使用状況よりも最大ログ サイズが小さい SKU に変更しようとしました。

  • 400 TokenTooLong - 提供されたトークンが長すぎます。

  • 400 IsLedgerDatabaseIsNotSupportedOnResourceType - このリソース タイプでは、台帳プロパティの変更はサポートされていません。

  • 400 InvalidSku - ユーザーが無効な SKU を指定しました。

  • 400 InvalidTierSkuCombination - 指定された階層は、指定された SKU をサポートしていません。

  • 400 FeatureDisabledOnSelectedEdition - ユーザーは、現在のデータベース エディションで無効になっている機能を使用しようとしました。

  • 400 OfferDisabledOnSubscription - サブスクリプション オファー タイプでは、要求されたリソースのプロビジョニングが制限されています。

  • 400 InvalidTargetSubregion - 読み取り不可能なセカンダリのターゲット サーバーは、DR ペアになった Azure リージョンにありません。

  • 400 UnableToCreateGeoChain - 台帳ダイジェストの自動アップロードが設定されているにもかかわらず、ユーザーがセカンダリ データベース (チェーン) を作成しようとしました

  • 400 PartnerServerNotCompatibility - ユーザーは、SAWA V1 サーバーから Sterling サーバーに、またはその逆にデータベースをコピーしようとしています。

  • 400 IncorrectReplicationLinkState - この操作では、データベースがレプリケーション リンク上で予期される状態にあることが予期されます。

  • 400 TargetElasticPoolDoesNotExist - エラスティック プールがサーバー上に存在しません。

  • 400 CurrentDatabaseSizeExceedsMaxSize - ユーザーがデータベースの最大サイズを現在の使用量よりも小さいサイズに減らそうとしました。

  • 400 ElasticPoolSkuCombinationInvalid - エラスティック プールと sku は、sku が 'ElasticPool' として指定されている場合にのみ一緒に指定できます。

  • 400 ElasticPoolTierCombinationInvalid - データベース層はエラスティック プール サービス層とは異なります。

  • 400 ElasticPoolNameRequired - ユーザーは、エラスティック プールの名前を指定せずに、エラスティック プール サービス目標に合わせてデータベースを作成または更新しようとしました。

  • 400 AzureKeyVaultKeyDisabled - Azure Key Vault キーが無効になっているため、サーバー上で操作を完了できませんでした。

  • 400 AzureKeyVaultInvalidExpirationDate - Azure Key Vault キーの有効期限が無効であるため、操作を完了できませんでした。

  • 400 SecurityAzureKeyVaultUrlNullOrEmpty - Azure Key Vault Uri が null または空であるため、操作を完了できませんでした。

  • 400 AzureKeyVaultNoServerIdentity - サーバー ID が正しく構成されていません。

  • 400 AzureKeyVaultInvalidUri - Azure Key Vault からの無効な応答。有効な Azure Key Vault URI を使用してください。

  • 400 ElasticPoolInconsistentDtuWarrantySettings - エラスティック プールの要求された DTU を超えるエラスティック プール内のデータベースに対する DTU 最小値を提供しようとしています。

  • 400 AzureKeyVaultMissingPermissions - サーバーには、Azure Key Vault に必要なアクセス許可がありません。

  • 400 InvalidReadScaleEdition - ユーザーは、読み取りスケールをサポートしていないデータベース タイプで読み取りスケールを有効にしようとしました。

  • 400 InvalidReadScaleUnits - ユーザーがサポートされていない読み取りスケール値を指定しようとしました。

  • 400 SecurityAzureKeyVaultInvalidKeyName - サーバー キー名が無効なため、操作を完了できませんでした。

  • 400 ElasticPoolDatabaseCountOverLimit - エラスティック プールのデータベース数制限に達したときに、エラスティック プールにデータベースを作成または追加しようとしています。

  • 400 CannotChangeToOrFromDataWarehouseTier - ユーザーがデータベースの SKU を DataWarehouse 層から非 DataWarehouse 層に、またはその逆に変更しようとしました。

  • 400 GeoSecondaryMaxSizeUpdateFailed - geo セカンダリ データベースの SLO が要求された maxsize 値をサポートしていないか、geo セカンダリがサポートされていないリージョンにあるか、または geo セカンダリ データベースで更新操作がすでに進行中です。

  • 400 AdalGenericError - Azure Active Directory エラーが発生したため、操作を完了できませんでした。

  • 400 AdalServicePrincipalNotFound - Azure Active Directory ライブラリ サービス プリンシパルが見つからないエラーが発生したため、操作を完了できませんでした。

  • 400 AzureKeyVaultMalformedVaultUri - 指定された Key Vault Uri が無効です。

  • 400 ElasticPoolDecreaseStorageLimitBelowUsage - エラスティック プールのストレージ制限をストレージ使用量未満に減らそうとしています。

  • 400 UpdateNotAllowedOnPausedDatabase - ユーザーが一時停止されたデータベースで更新を実行しようとしました。

  • 400 RequestedDatabaseSizeRequiresShrink - ユーザーは、データベースの MAXSIZE を現在のサイズより小さいサイズに変更するために ALTER DATABASE MODIFY MAXSIZE を試行しました。

    (Video) Azure Data Factory と Azure SQL DB による増分データ読み込み

  • 400 CurrentDatabaseSizeExceedsDbMaxSize - ユーザーがデータベースの最大サイズを現在の使用量よりも小さいサイズに減らそうとしました。

  • 400 CannotUseTrailingWhitespacesInDatabaseName - データベース名の検証に失敗しました。

  • 400 RegionalDoesNotSupportVersion - ユーザーが、指定されたバージョンのサーバーを、そのサーバー バージョンがサポートされていない場所に作成しようとしました。

  • 400 SecurityAdalPrincipalCertExpiredError - Azure Key Vault プリンシパル証明書の有効期限が切れているため、操作を完了できませんでした。

  • 400 SameKeymaterialNotFoundOnRemoteServer - セカンダリ サーバーには、プライマリ サーバーの暗号化プロテクターのキー マテリアルがありません。

  • 400 SecurityInvalidAzureKeyVaultRecoveryLevel - 指定された Key Vault URI が無効です。

  • 400 KeymaterialNotFoundOnRemoteServer - リモート サーバーは、TDE プロテクターとして使用されるキー マテリアルにアクセスできません。

  • 400 SourceDatabaseEditionCouldNotBeUpgraded - ソース データベースはターゲット データベースよりも高いエディションを持つことはできません。

  • 400 AzureKeyVaultRsaKeyNotSupported - 提供されたキー コンテナーは、サポートされていない RSA キー サイズまたはキー タイプを使用しています。サポートされている RSA キーのサイズは 2048 または 3072、キー タイプは RSA または RSA-HSM です。

  • 400 TargetDatabaseEditionCouldNotBeDowngraded - ターゲット データベースには、ソース データベースよりも低いエディションを含めることはできません。

  • 400 UpdateNotAllowedIfGeoDrOperationInProgress - サーバー '{1}' 上のデータベース '{0}' のコピーまたはフェイルオーバー操作が現在進行中であるため、操作は許可されません。

  • 400 ElasticPoolOverFileSpace - エラスティック プール内のファイル領域が不十分です。

  • 400 SecurityAzureKeyVaultGeoChainError - Azure Key Vault (BYOK) を使用して透過的データ暗号化を有効にする場合、セカンダリのセカンダリの作成 (チェーンと呼ばれるプロセス) はサポートされません。

  • 400 InvalidLicenseType - ユーザーは、サポートされていないライセンス タイプでデータベースまたはエラスティック プールを作成または更新しようとしました。

  • 400 UnsupportedCapacity - ユーザーがサポートされていない容量でデータベースを作成または更新しようとしました。

  • 400 RestoreToFreeEditionNotSupported - 復元および GeoRestore ターゲットを空きデータベースにすることはできません。

  • 400 RestoreNotSupportedForFreeEdition - 無料データベースでは復元と GeoRestore がサポートされていません。

  • 400 InvalidDroppedDatabase - サポートされている回復期間内に、削除されたソース データベースがサーバー上に存在しません。

  • 400 InvalidLiveDatabase - サポートされている回復期間内にソース データベースがサーバー上に存在しません。削除されたデータベースを復元する場合は、削除日を指定してください。

  • 400 InvalidVldbRecoverySlo - Hyperscale エディションのリカバリでは、ソース データベースとターゲット データベースの両方でハイパースケール サービス レベル目標を使用する必要があります。

  • 400 InvalidVldbRestoreSlo - ハイパースケール エディションのポイントインタイム リストアでは、ソース データベースとターゲット データベースの両方でハイパースケール サービス レベル目標を使用する必要があります。

  • 400 CannotSpecifyPoolOrSlo - エラスティック プールの指定やサービス レベル目標またはエディションの変更は、エディションではサポートされていません。

  • 400 CannotMoveOrDropJobAccountDatabase - ジョブ アカウントに関連付けられたデータベースを削除できません。

  • 400 JobAgentDatabaseEditionUnsupported - 指定されたデータベースのサービス レベル目標は、ジョブ エージェント データベースとしての使用がサポートされていません。

  • 400 CannotUpdateToFreeDatabase - 無料 SKU へのデータベースの更新はサポートされていません。

  • 400 InvalidBackupStorageAccountType - データベースの作成/更新中にユーザーが zrs/lrs を渡しましたが、顧客がホワイトリストに登録されていないため、または指定されたリージョンで zrs が利用できないため、失敗しました。

  • 400 DatabaseInvalidSkuPropertyCombination - 要求された SKU のプロパティが矛盾しています。有効な組み合わせが指定されていることを確認してください。見るhttps://docs.microsoft.com/en-us/rest/api/sql/capabilities/listbylocation#serviceobjectivecapability詳細については。

  • 400 DatabaseNamedReplicaPerDatabaseLimitExceeded - ユーザーがプライマリ データベースごとに許可される数を超える名前付きレプリカを作成しようとしました

  • 400 UnsupportedBackupStorageRedundancyForEdition - 要求されたバックアップ ストレージの冗長性はエディションでサポートされていません

  • 400 DatabaseIsCurrentlyPinned - Microsoft がデータベースの SQL Server エンジンのバージョンを固定しました。データベースが運用上の問題に遭遇しないようにするため、データベースの今後のスケール操作は、固定が解除されるまでブロックされます。スケーリングに関するサポートについては、Microsoft サポートにお問い合わせください。

  • 400 RestoreTargetEditionSizeInsufficient - ユーザーは、ソースに現在割り当てられているサイズよりも小さいサイズのエディションにデータベースを復元しようとしました。

  • 400 InvalidIdentityId - 指定された 1 つ以上の ID ID が有効な ARM リソース ID ではありません。有効な ID を入力して再試行してください。

  • 400 DatabaseCreationBlockedForNonActivatedCMKServer - ワークスペースがアクティブ化されるまで、CMK が有効なワークスペースに対する SQL プールの作成はブロックされます。まず、パージ保護を有効にし、ワークスペース マネージド ID に、ワークスペース キーの Azure Key Vault で必要なアクセス許可 (取得、キーのラップ、キーのラップ解除) を付与します。次に、アクセスを許可した後、ワークスペースをアクティブ化します。

  • 400 InvalidNumberOfIdentities - ユーザー割り当てマネージド ID はデータベース レベルで 1 つだけサポートされます。

  • 400 DatabaseNamedReplicaChainingNotAllowed - ユーザーは、許可されていない名前付きレプリカの名前付きレプリカを作成しようとしました。

  • 400 DatabaseNamedReplicaInvalidOperation - ユーザーが名前付きレプリカに対してサポートされていない操作を試行しました。

    (Video) Azure Database for MySQL/PostgreSQL

  • 400 ServerNotFound - 要求されたサーバーが見つかりませんでした。

  • 400 DatabaseNamedReplicaInvalidSourceDatabase - ユーザーがソース データベースとは異なるサブスクリプションまたはリージョンに名前付きレプリカを作成しようとしました。

  • 400 CannotAssignIdentityToMaster - システム データベースに ID を割り当てることができません。データベース ID を「master」、「model」、「tempdb」、「msdb」、または「resource」データベースに割り当てることはできません。

  • 400 PerDatabaseCMKDWNotSupported - プレビューのデータベース レベルの CMK は、Datawarehouse エディションではサポートされていません。

  • 400 CannotMoveOrDropSyncMetadataDatabase - 同期メタデータ データベースとして使用されているデータベースを削除できません。

  • 400 MissingThumbprintCrm - 必要な TDE 証明書が見つからないため、CRM データベースの復元操作が失敗しました。既存のエラスティック プールへの復元操作を再試行してください。

  • 400 ElasticPoolOverStorage - エラスティック プールのストレージ制限に達したときに、データベースにデータを書き込もうとしています。

  • 400 RestoreTargetEditionSizeInsufficientV2 - ユーザーは、復元されたデータベースの割り当てサイズよりも小さいサイズのエディションにデータベースを復元しようとしました。

  • 400 ResourcePoolStorageLimitHitDuringRestore - プール内のストレージ容量が残っているため、復元されたデータベースをリソース プールに復元できません。

  • 400 PerDatabaseCMKRestoreNotSupported - データベース レベルの CMK がプレビューで構成されている場合、データベースの復元はサポートされません。

  • 400 PerDatabaseCMKHSNotSupported - プレビューのデータベース レベルの CMK は、ハイパースケール エディションではサポートされていません。

  • 400 PerDatabaseCMKGeoReplicationNotSupported - データベース レベルの CMK がプレビューで構成されている場合、Geo レプリケーションとデータベース コピーはサポートされません。

  • 400 InvalidStandbyGeoEdition - ユーザーが DTU ベースのスタンバイ地域を作成しようとしました。

  • 400 ElasticPoolInconsistentVcoreWarrantySettings - データベースの数とデータベースごとの最小 VCore は、エラスティック プールの要求された VCore を超えることはできません。

  • 400 GeoRestoreBackupStorageTypeNotSupported - geo 冗長バックアップ ストレージを使用するように構成されていないデータベースに対して発行されたデータベース回復リクエストは無効です。

  • 400 RestoreHyperscaleToNonHyperscale - ハイパースケール データベースのバックアップを非ハイパースケール サービス層に復元すること、またはその逆の復元はサポートされていません。

  • 400 SubscriptionDoesNotHaveAccessToServer - サブスクリプションは指定されたサーバーにアクセスできません

  • 400 RecoveryPointDoesNotExist - 指定されたリカバリポイントが存在しないか、無効です。

  • 400 LtrBackupNotFound - 指定された長期保存バックアップは存在しません。

  • 400 InvalidPointInTime - 指定された時点はデータベースに対して無効です。

  • 400 GeoRestoreCannotResolveTargetCluster - サーバーのターゲット クラスターを解決できません

  • 400 CannotSpecifyEditionOrSloWhenRestoringToPool - エラスティック プールに復元する場合、ターゲット サービス レベル目標またはエディションの指定はサポートされていません。

  • 400 RestoreNotSupportedForGeoDrSecondary - ポイントインタイム リストアおよびデータベース リカバリ操作は、現在 geo セカンダリとして構成されているデータベースではサポートされていません。

  • 400 DatabaseNamedReplicaBackupRetentionConfigurationNotSupported - ユーザーが名前付きレプリカでバックアップ保持ポリシーを構成しようとしました。

  • 400 GeoRedundantBackupsNotPermittedForSubscription - 地理冗長バックアップ ストレージは、プレビュー機能「Azure SQL データベース ブロック地理冗長バックアップ ストレージ」によって、サブスクリプション '{0}' のすべてのデータベースに対してブロックされています。別のバックアップ ストレージ冗長性を選択してください。

  • 400 RestoreHyperscaleToNonHyperscaleElasticPool - ハイパースケール データベースを非ハイパースケール エラスティック プールに復元すること、または非ハイパースケール データベースをハイパースケール エラスティック プールに復元することはサポートされていません。

  • 400 InvalidMaxSizeTierCombination - 指定された層は、指定されたデータベースの最大サイズをサポートしていません。

  • 400 InvalidTier - ユーザーが無効な階層を指定しました。

  • 400 CannotUseReservedDatabaseName - この操作では予約されたデータベース名を使用できません。

  • 400 InvalidServerName - 無効なサーバー名が指定されました。

  • 404 ServerNotInSubscriptionResourceGroup - 指定されたサーバーは、指定されたリソース グループおよびサブスクリプションに存在しません。

  • 404 SubscriptionDoesNotHaveServer - 要求されたサーバーが見つかりませんでした

  • 404 CannotFindObject - オブジェクトが存在しないか、権限がないため、オブジェクトが見つかりません。

  • 404 ServerNotInSubscriptionResourceGroup - 指定されたサーバーは、指定されたリソース グループおよびサブスクリプションに存在しません。

  • 404 DatabaseDoesNotExist - ユーザーが指定したデータベース名は、このサーバー インスタンスに存在しません。

  • 404 SubscriptionNotFound - 要求されたサブスクリプションが見つかりませんでした。

    (Video) Azure Cosmos DB API について

  • 404 ServerNotInSubscription - 指定されたサーバーは、指定されたサブスクリプションに存在しません。

  • 405 UnsupportedReplicationOperation - サポートされていないレプリケーション操作がデータベースで開始されました。

  • 409 InvalidOperationForDatabaseNotInReplicationRelationship - すでにレプリケーション関係にあるデータベースに対してレプリケーション シード操作が実行されました。

  • 409 InvalidOperationForDatabaseInReplicationRelationship - すでにレプリケーション関係にあるデータベースに対してレプリケーション シード操作が実行されました。

  • 409 RemoteDatabaseExists - 宛先データベース名は宛先サーバーにすでに存在します。

  • 409 DuplicateGeoDrRelation - データベースはすでにレプリケーション関係にあります。これは重複したリクエストです。

  • 409 FreeDbAlreadyExists - リージョンごとのサブスクリプションに対して存在できる無料データベースは 1 つだけです。

  • 409 ConflictingServerOperation - サーバーに対して操作が現在進行中です。

  • 409 SubscriptionDisabled - サブスクリプションが無効になっています。

  • 409 ConflictingSystemOperationInProgress - システム メンテナンス操作がデータベース上で進行中であるため、それが完了するまでさらなる操作を待つ必要があります。

  • 409 SkuAssignmentInProgress - 前のリクエストが完了していないため、現在の割り当てリクエストを処理できません。

  • 409 CurrentMemoryUsageExceedsSkuQuota - ユーザーが SKU 更新操作を試行しましたが、リソース消費量が多いため完了できません。

  • 409 ServerDtuQuotaExceeded - サーバーが許可されたデータベース スループット ユニット クォータを超過するため、操作を実行できませんでした。

  • 409 ServerKeyNameAlreadyExists - サーバー キーはサーバー上にすでに存在します。

  • 409 ServerKeyUriAlreadyExists - サーバー キー URI はサーバー上にすでに存在します。

  • 409 UnableToAlterDatabaseInReplication - レプリケーション関係にあるデータベース上のユーザーによるエディション。

  • 409 ServerKeyDoesNotExists - サーバー キーが存在しません。

  • 409 UpdateSloInProgress - SLO 更新の進行中に、ユーザーが互換性のない操作を開始しようとしました。

  • 409 UpdateSloFailedDatabaseTooBusy - データベースがビジー状態のため、SLO 更新操作を完了できませんでした。

  • 409 AzureKeyVaultKeyNameNotFound - Azure Key Vault キー名が存在しないため、操作を完了できませんでした。

  • 409 AzureKeyVaultKeyInUse - キーは現在サーバーによって使用されています。

  • 409 ElasticPoolBusy - ビジー状態のエラスティック プールで管理操作が試行されました。

  • 409 SimultaneousSkuChangeNotAllowed - サービス目標の変更操作は、レプリケーション関係の両方のデータベースで同時に実行できません。

  • 409 TargetElasticPoolBeingUpdated - このエラスティック プール内のデータベースの 1 つでコピー操作が進行中であるため、エラスティック プールの更新を開始できません

  • 409 DatabaseCopyLimitPerReplicaReached - ユーザーが同時データベース コピーの制限に達しました。

  • 409 ConflictRequestToUpdateBackupRedundancy - バックアップ ストレージの冗長性を変更する競合リクエストがまだ進行中です。

  • 409 DatabaseElasticPoolMaintenanceConflict - ユーザーが、データベースのエラスティック プールの構成と競合する指定されたメンテナンス構成でデータベースを作成または更新しようとしました。

  • 409 SubscriptionVcoreQuotaExceeded - サブスクリプションが許可された仮想コア クォータを超過するため、操作を実行できませんでした。

  • 409 ServerDisabled - サーバーが無効になっています。

  • 409 ConflictingDatabaseOperation - データベースにはすでに何らかの操作があり、現在の操作はそれが完了するまで待機する必要があります。

  • 429 SubscriptionTooManyCreateUpdateRequests - 利用可能なリソースで処理できる最大リクエストを超えたリクエスト。

  • 429 SubscriptionTooManyRequests - 利用可能なリソースで処理できる最大リクエストを超えたリクエスト。

  • 500 ActivateOrDeactivateWorkflowThrottling - 同時ワークフローが多すぎるため、アクティブ化または非アクティブ化ワークフローが失敗しました

  • 503 AzureKeyVaultConnectionFailed - Azure Key Vault への接続試行が失敗したため、サーバー上で操作を完了できませんでした

  • 503 AzureKeyVaultGenericConnectionError - Key Vault 情報を取得しようとしたときにエラーが発生したため、操作を完了できませんでした。

  • 503 DatabaseUnavailable - データベースが使用できないため、操作は失敗しました。

    (Video) マネージド ID で認証を設定する方法 - Azure Functions と SQL サーバーを使用して CRUD API を構築する

  • 503 TooManyRequests - 利用可能なリソースで処理できる最大リクエストを超えたリクエスト。

  • 504 RequestTimeout - サービス リクエストが許可されたタイムアウトを超えました。

  • FAQs

    Azure REST APIとは何ですか? ›

    Representational State Transfer (REST) API は、サービスのリソースへの作成/取得/更新/削除アクセスを提供する HTTP 操作 (メソッド) のセットをサポートするサービス エンドポイントです。

    Azure SQL Databaseの同期方法は? ›

    手動による同期を実行するには、Azure portal で SQL Database 内の対象のデータベースに移動し、 [別のデータベース同期] を選択し、同期グループを選択します。 [データ同期] ページが開きます。 [同期] を選択します。

    Azure Database for PostgreSQLとは何ですか? ›

    Azure Database for PostgreSQLは、PostgreSQL オープンソース リレーショナル データベースに基づく、Microsoft クラウドのリレーショナル データベース サービスです。

    Azure REST APIの実行方法は? ›

    Rest API実行手順
    1. Azure AD認証(アクセストークン取得) サービスプリンシパルのクライアントID、クライアントシークレット等を指定 アクセストークン取得
    2. Azure REST API実行 実行するAzure REST APIを設定 取得したアクセストークンをAuthorizationに設定
    Oct 30, 2022

    APIとはなにか? ›

    APIとは Application Programming Interfaceの略。 ソフトウェアからOSの機能を利用するための仕様またはインターフェースの総称で、アプリケーションの開発を容易にするためのソフトウェア資源のことをいう。

    データベースのデータ同期とは? ›

    データベースの同期は、互いのデータを交換し合うことによって、複数の独立したデータベースを最新の状態に保つための処理です。

    SQLのデータ同期とは? ›

    SQL データ同期は、Azure SQL Database 上に構築されているサービスであり、選択したデータをオンプレミスおよびクラウドの複数のデータベース間で双方向に同期させることができます

    Azureフレキシブルサーバーとは何ですか? ›

    Azure Database for PostgreSQL - フレキシブル サーバーは、データベース管理機能と構成設定のよりきめ細かな制御と柔軟性を提供するように設計されたフル マネージド データベース サービスです。

    Azure PostgreSQL フレキシブルのバックアップは? ›

    フレキシブル サーバーでは、データベース ファイルの毎日のバックアップが自動的に実行され、トランザクション ログが継続的にバックアップされます。 バックアップは 7 日から最大 35 日まで保持できます。 データベース サーバーは、バックアップの保持期間内の任意の時点に復元できます。

    Azure ADの認証フローは? ›

    Azure ADを使った認証フローの種類は、「OAuth/Open ID Connect」「資格情報」「On-Behalf-Of」の大きく3つに分けられるという。

    APIとデータベースの違いは何ですか? ›

    データベースAPIの関係を見ると、この2つは異なるメカニズムでありながら、同時に動作することがわかります。 基本的にデベロッパーは、データへのアクセスやテーブルの変更などを行うクエリを作成することでデータベースと通信することができ、一方、APIはアプリケーションとデータベース管理システム間の通信を可能にします。

    UIとAPIの違いは何ですか? ›

    UIが入力フィールド、ラベル、ボタンなどを提供するのに対し、APIは関数を提供します。 画面上に表示された要素がそれらの使い方に応じて異なるフィードバックを返すのに対し、関数は入力データを要求したり、アクションを開始できます。

    APIとプロトコルの違いは何ですか? ›

    APIとプロトコルの違いはその着眼点にあります。 APIが、それが可能にする「機能」に着目してそう呼ばれるのに対して、プロトコルはマシンやサービス同士の通信を「どう可能にするか」に着目してそう呼ばれます

    Attunity Replicateの仕組みは? ›

    Attunity Replicateがデータソースに対してネットワーク経由でアクセスしてデータを抽出し、これをターゲットとなるデータベースに反映する仕組みだ。 例えば、IBM製のメインフレーム用OS「z/OS」上で動作するRDBMS「Db2」に対しても、エージェントレスでデータを抽出できる。

    Azure DB for MySQL flexibleとは? ›

    Azure Database for MySQL - フレキシブル サーバーは、MySQL のコミュニティ バージョンが実行されるフル マネージドのデータベース サービスです。 一般に、ユーザーの要件に基づいて、柔軟性と構成のカスタマイズを提供するように設計されています。

    AzureフレキシブルサーバーのIPアドレスは? ›

    カスタム DNS サーバーを使用する場合は、DNS フォワーダーを使用して Azure Database for PostgreSQL - フレキシブル サーバーの FQDN を解決する必要があります。 フォワーダーの IP アドレスは、168.63.129.16 である必要があります。

    Azure Database for PostgreSQLのバックアップストレージはいくらですか? ›

    Azure Database for PostgreSQL は、プロビジョニングされているサーバー ストレージの 100% までをバックアップ ストレージとして追加コストなしで提供します。 バックアップ ストレージを追加で使用した場合は、1 か月ごとに GB 単位で請求されます。

    Azure SQL Databaseの手動バックアップは? ›

    AzureのSQL Databaseのバックアップは、Azure上で自動的に実施されておりますので手動でのバックアップは不要となります。

    Azure Postgresのバックアップは? ›

    [データベース]>[Azure Database for PostgreSQL] の順に選択します。 [単一サーバー] デプロイ オプションを選択します。 新しいサーバーのサブスクリプション、リソース グループ、および名前を指定します。 [データ ソース] として [バックアップ] を選択します。

    フォーム認証とSAML認証の違いは何ですか? ›

    また、「フォームベース認証」のように、ID/パスワードを利用する認証方式では、ログイン時に認証情報が通信経路を通過しますが、「SAML認証」ではID/パスワードを利用しないため、通信経路を通じたデータ盗聴の可能性がなくなり、セキュリティ向上にもつながります。

    Azure ADの認証の仕組みは? ›

    まず、管理者が、社員1人1人にユーザー名とパスワード、そのユーザーが利用して良いサーバーを設定しておきます。 社員がPCを開いたときにActive Directoryは、会社が用意しておいたIDとパスワードを要求します(認証)。 そして、そのIDに基づいて自動的にアクセスできるサーバーを制限(認可)してくれるのです。

    AzureAD認証のメリットは? ›

    さらに、Azure ADを使ったクラウドサービス認証で2段階認証や多要素認証を導入すれば、より安全性が高まるでしょう。 不正なアクセスやログインを防いだり、ユーザーによって利用できるアプリを制限したりといったことも可能なため、リスクを抑えた業務を実現します。

    APIとは具体的に何ですか? ›

    APIは「Application Programming Interface」の頭文字、つまりAPIとは「アプリとプログラムを繋ぐもの」という意味合いの言葉です。 APIとは「機能とデータを公開しているアプリケーション」と「その機能とデータを使いたいアプリケーション」を繋ぐ窓口といえます。

    APIで何ができる? ›

    APIは他サービスの機能を連携できる仕組み

    ソフトウェアの一部をWEB上に公開することによって、誰でも外部から利用することができるようになります。 それによって、自分のソフトウェアに他のソフトウェアの機能を埋め込むことができるようになるので、アプリケーション同士で連携することが可能になります。

    APIとWebサービスの違いは何ですか? ›

    Webサービスはインターネットの世界で提供されているサービス全般です。 Web APIはプログラムから使用することを前提としたWebサービスとの窓口です。 ゆるく捉えれば「Web APIはWebサービスである」と言えます。

    APIを叩くとはどういう意味ですか? ›

    (APIやI/Oポートに)アクセスすること。 コマンドを発行すること。 APIを利用したり、I/Oポートを制御したりするようなシーンでは、技術者スラングで、使う、アクセスする、といった意味で「叩く」または「たたく」という。

    Videos

    1. Azure SQL Database 入門 [フル コース]
    (Pragmatic Works)
    2. Azure App Service での ASP.NET Core と SQL データベースのトレーニング | ASP.NET & Entity Framework の開発
    (Mohamed Radwan - DevOps)
    3. Tech Briefing: Azure Synapse Analytics 概要 - 55分版
    (Takeshi Fukuhara)
    4. Learn Live - Azure Cosmos DB SQL API でインデックスをカスタマイズする
    (Microsoft Developer)
    5. Power BI 自動ページ更新、Azure SQL DB、および Azure Logic Apps を使用したほぼリアルタイムの例
    (3Cloud)
    6. PaaS DBへの移行/連携ソリューション紹介! AWS, Azure, Google, IBM全てできます!
    (株式会社クライム)

    References

    Top Articles
    Latest Posts
    Article information

    Author: Prof. Nancy Dach

    Last Updated: 04/27/2023

    Views: 5259

    Rating: 4.7 / 5 (57 voted)

    Reviews: 80% of readers found this page helpful

    Author information

    Name: Prof. Nancy Dach

    Birthday: 1993-08-23

    Address: 569 Waelchi Ports, South Blainebury, LA 11589

    Phone: +9958996486049

    Job: Sales Manager

    Hobby: Web surfing, Scuba diving, Mountaineering, Writing, Sailing, Dance, Blacksmithing

    Introduction: My name is Prof. Nancy Dach, I am a lively, joyous, courageous, lovely, tender, charming, open person who loves writing and wants to share my knowledge and understanding with you.